ブルックナー/メモランダムⅡ③ーG.シノーポリ

 ジュゼッペ・シノーポリ(Giuseppe Sinopoli)は、存命していれば21世紀のクラシック音楽界の風景を大きく変えたであろう逸材です。戦後の1946年イタリアのヴェネチア生まれ。ユダヤ系移民と言われますが、天才肌の音楽家です。
 ヴェネチア音楽院で音楽を、パドヴァ大学で精神医学と人類学を、ドイツのダルムシュタットでマデルナ、シュトックハウゼンから現代音楽を学び、1972年弱冠26歳にして母校のヴェネチア音楽院で現代音楽・電子音楽の教授に就任します。同年、ウイーンでハンス・スワロフスキーから指揮法を学び、31歳でパリ音楽院で指揮を教えるようになります。
 翌1978年ヴェネチアでアイーダを振ってヴェルディ指揮者として本格デビューします(なお、2001年4月20日、ベルリン・ドイツオペラで同じアイーダを演奏中、第3幕で心筋梗塞で倒れ不帰の人となりました)。
 1980年にはマクベス(ベルリン・ドイツ・オペラ)、アイーダ(ハンブルク国立歌劇場)、アッティラ(ウイーン国立歌劇場)のヴェルディの3オペラを、83年マノン・レスコー(コベントガーデン王立歌劇場)、85年タンホイザー(バイロイト音楽祭)を指揮しますが未だ39歳でした。同時期に作曲家として、1981年自作「ルー・サロメ」をバイエルン国立歌劇場で初演しています。
 オーケストラ指揮者としては、1984年にフィルハーモニア管弦楽団、1992年からはドレスデン国立管弦楽団の首席を務めたほか、当代一流のオケと組んだ多彩な名演を送り出しました。フィルハーモニー管弦楽団は、カラヤン、クレンペラーらが手塩にかけた時代を経て、前任ムーティエの後を継いでの就任ですが、同管弦楽団においてブルックナーはその伝統からみてもメインのレパートリーの一つと言っていいと思います。 
 インバルもシノーポリもブルックナー、マーラーをともに取り上げていますが、インバルのブルックナーが「原典回帰」の独創的な演奏とすれば、シノーポリのマーラーは「現代音楽」からの逆推論的な解釈とでも言うべき異質性があるように思います。双方ともにユニークですが、敢えて比較すれば、インバルはよりブルックナーに、シノーポリはよりマーラーに独自の演奏スタイルが結実されているように感じます。
 ライブではたまたま、インバルでマーラーを聴き、シノーポリでブルックナーを聴きましたがどちらも秀でた演奏でした。ブルックナーとマーラーの音楽的な近似性と異質性は専門家の間では良く議論になるようですが、もしかすると聴き手の関心とは別に、インバルもシノーポリも、自分の自信ある「物差し」をあてがううえでは、テキスチャーの違いをそう意識していないのかも知れません。

        |  ブルックナー     |  マーラー

 シノーポリ  |分析的な解釈ながら |大胆なダイナミックレンジ
        |校訂稿も尊重     |をとる異色性

インバル     | 初期稿を中心とする  |原典のもつ複雑な
           | 独創的な解釈      |ニュアンスを尊重 

 
<コンサート記録>
1988年9月14日:フィルハーモニア管弦楽団/東京文化会館
◆Rシュトラウス/死と変容
◆ブルックナー/交響曲第4番
広告
カテゴリー: 名指揮者 パーマリンク

ブルックナー/メモランダムⅡ③ーG.シノーポリ への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ブルックナー//メモランダムⅥ③ 最近の鑑賞記録 | ブルックナー・ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中