ブルックナー/メモランダムⅢ⑦ーR.ワーグナー(7)

   ワーグナーの凄さは、単にその思想の表出にあるにとどまらず、生涯に残した厖大な業績の質量にあります。『ニーベルングの指輪』だけをとっても「オイレンブルク版で5分冊、総計4,400ページに達しようとする」オーケストラ総譜※1を書いているのですから並大抵のものではありません。 

        <ワーグナー/オペラ作品表>

オペラ作品

完成年

初演年・場所

婚礼(未完)

1833

作曲直後破棄

妖精

1834

1888 没後ミュンヘン

恋愛禁制

1836

1836 マクデブルク

リエンツィ

1840

1842 ドレスデン

さまよえるオランダ人

1841

1843 ドレスデン

タンホイザー

1845

1845 ドレスデン

ローエングリーン

1848

1850 ヴァイマル

トリスタンとイゾルデ

1859

1865 ミュンヘン

マイスタージンガー

1867

1868 ミュンヘン

ニーベルングの指輪

1874

1876 全曲バイロイト 

  1.ラインの黄金

1854

1869 ミュンヘン

  2.ヴァルキューレ

1856

1870 ミュンヘン

  3.ジークフリート

1871

1876 全曲バイロイト

  4.神々の黄昏

1874

1876 全曲バイロイト

パルジファル

1882

1882 バイロイト

 (出典)

 http://homepage2.nifty.com/pietro/storia/wagner_opere_saggi.html

 

 ドイツ人の徹底性は世界に冠たるものでしょう。カント、ヘーゲルそしてマルクスらの諸論文、ゲーテやトーマス・マンの世に送りだした小説などをみても同様な感想を持ちますが、彼らの己の考え方を根源から措定し、徹底して考究し、それをあくなき努力で理論化し、あるいは芸術的に昇華して世に問うていこうとするエネルギーには圧倒されます。特にワーグナーの上記作品リストを見ていると、量だけでなく、後生に残ったという結果からみてもその質的な高さにも異論をさしはさむ余地はないでしょう。しかも、彼らには執拗な「主題の追求」があります。芸術の分野においては、当時、ドイツ・ロマン主義といわれる嵐が吹いていました。

 19世紀初頭ですが、ヴィルヘルム・シュレーゲルという人が、ドイツ文学には、「修道士的なもの、騎士的なもの、市民(ブルジョワ)的なもの、そして衒学的なもの」があり、ドイツ「ロマン主義はこれら4つの特性を表現するものでなければならない」※2 としていますが興味深い指摘です。しかも今日から見てのことですが、ドイツロマン主義には緊張過多としての高揚(das Ueberspannte)があるとされ、その後の時代の退嬰的な要素をいまだ含んでいないようです。

 ワーグナーはちょうどこのロマン主義の終焉期に生き、哲学ではニーチェやキルケゴールの懊悩を強く刺激し、またその音楽ではマーラーやヴォルフへ大きな影響をあたえました。

 さて、ブルックナーですが、上記のシュレーゲルの言葉はブルックナーを考えるうえで有益だと思います。また、ブルックナーは、時代がロマン主義に懐疑し、次の思潮を求めていたときに、彼自身は未だロマン主義の孤塁に立つことをいとっていなかったかのように思われます。ブルックナーと同時代に生き、ゲーテに心酔していたオーストリアの詩人アーダルベルト・シュティフター(1805-86年)の長編小説『晩夏』の次の1節は ブルックナーのシンフォニーを彷彿とさせないでしょうか。※3 

  「高い山々に登ってそこから周囲の風景をみおろすのが大好きだ。次第に眼が慣れてくると、大地の絵にようなかたちが細密な特徴を伴って浮かび上がり、やがて眼はそれらを綜合的に把握するようになる。人間の心情が打ちひらかれるのもこれらの姿に対してであり、こうした大地のひだや高まりや流れや方向の転換などが、主点にむかうそれぞれの努力や面にむかう拡散としてあらわれてくる」。

 

※1:高辻知義『ワーグナー』(1986年 岩波新書)p.4、※2:J.F.アンジェロス(野中成夫・池部雅英訳)『ドイツ・ロマン主義』(1978年 文庫クセジュ 白水社)p.21-22,p.7、※3:坂崎乙郎『ロマン派芸術の世界』(1976年 講談社現代新書)

p.176-177を参照および引用。 

広告
カテゴリー: 作曲家群像 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中