ブルックナー/メモランダムⅣ①ー ウイーンフィル(1)

ウイーンフィルによって初演されたブルックナーの交響曲は以下のとおりです。 ※1

番数  初演年         指揮者


第1番 1891年 ウイーン稿 ハンス・リヒター


第2番 1873年        ブルックナー


第3番 1877年        ブルックナー


第4番 1881年        ハンス・リヒター


第6番 1899年 全曲    マーラー


第8番 1892年        ハンス・リヒター


第9番 1903年 改竄稿   レーヴェ


 0番、5番および7番以外の初演はウイーンフィルによって行われました。このように、いかにウイーンフィルがブルックナーの交響曲の発表主体として重要であったかが一目瞭然です。

 

 1969年2月21日から26日にかけて、「125周年記念ウイーン・フィルハーモニー展」が西武百貨店<池袋店>7階ファウンテンホールで行われました。3度目の来日コンサート(ウイーンフィルをはじめてライブで聴いたのはこの時でした。ショルティのエネルギッシュな指揮もさることながら、ボスコフスキーの優雅で自信に満ちた身のこなしが粋でした)のための記念イベントでしたが、そこにはブルックナーに関係する興味深い資料も出典されています。 ※2

 


 日付                 内容


①1873年10月27日  ウイーンフィルへ第2交響曲献呈

               についてブルックナーからの手紙


②1875年8月1日    ウイーンフィルへ第2交響曲演奏要請

               についてブルックナーからの手紙


③1875年10月3日   ウイーンフィルからブルックナーへ

              第2交響曲の献呈受諾について(未発出)


④1885年10月     ウイーンフィルへ第7交響曲演奏見合わせ

              要請についてブルックナーからの手紙


⑤1886年3月25日   ウイーンフィルへ第7交響曲演奏

               についてブルックナーからの手紙


⑥1890年12月22日  ウイーンフィルへ第3交響曲改訂版初演

               についてブルックナーからの手紙


⑦1891年12月16日  ウイーンフィルへ第1交響曲初演

               についてブルックナーからの手紙


⑧1892年12月21日  ウイーンフィルへ第8交響曲初演

               についてブルックナーからの手紙


⑨             第8交響曲の総譜

              (ブルックナーのサイン入り)


⑩             ワーグナーの肖像入りのマッチ箱

              (ブルックナーの遺品)


※1:『ブルックナー -作曲家別名曲解説ライブラリー』(1993年 音楽之友社)

※2:「125周年記念ウイーン・フィルハーモニー展」目録集(1969年)

<コンサートの記録>
1969年2月24日:東京文化会館:ショルティ ウイーンフィル
◆シューベルト/交響曲第7番「未完成」
◆Rシュトラウス/ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯
◆ベートーヴェン/交響曲第7番

広告
カテゴリー: 魅力の源泉 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中