ブルックナー/メモランダムⅣ②ー ウイーンフィル(2)

 中野雄『ウイーン・フィル 音と響きの秘密』(2002年 文春新書)は、音楽ファン垂涎の本です。著者は『丸山眞男 音楽との対話』(2001年 文春新書)では、丸山眞男氏が政治思想史とともに、いかに深く音楽を愛し研究していたかを多くの事例をあげて鮮やかに浮かび上がらせました。これはテーマ上、やや固い、重い印象の労作ですが、続編ともいえる本書では、一転、むしろ名エッセイストとでもいうべき筆致で、ときに軽妙に、ウイットとエスプリを程よく加味してウイーンフィルの魅力を伝えてくれています(以下は本書からの抜き書きが中心です)。

 

1.ウイーンフィルの成立時期

●1448年 デンマーク王立管弦楽団

●1548年 ドレスデン・シュターツカペレ

●1742年 ベルリン・シュターツカペレ

●1743年 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス

       管弦楽団

●1772年 サンクトペテルスブルク・

       フィルハーモニー交響楽団

●1828年 パリ音楽院管弦楽団

○1842年 ウイーン・フィルハーモニー

       管弦楽団

●1842年 ニューヨーク・

       フィルハーモニー管弦楽団

●1881年 ボストン交響楽団

●1882年 ベルリン・フィルハーモニー

       管弦楽団

1888年 ロイヤル(旧アムステルダム)

       コンセルトヘボー管弦楽団

●1891年 シカゴ交響楽団

 こう見てくるとウイーンフィルは設立時期では、ちょうど中頃に位置していることがわかります。しかしながら、並みいる強豪をまえに、ウイーンフィルは誰にも追随を許さぬ独自の地位を築いていきます。本書は、まさにその「秘密」を多角的に分析しています。 

2.ベートーヴェン演奏のためのオケ

 ウイーンフィルは「ウイーン(という土地で)の、ウイーン(人)による、ウイーン(に関係する作曲家)のための」オケであり、オーストリアが育んだ作曲家(オーストリア生まれでなくとも良いが、ウイーンで活動することは暗黙の了解)の作品を取り上げることが目的とされて旗揚げされたようです。よって、そのメイン演目は、モーツアルト、ベートーヴェン、ブラームスらであり、特に、ベートーヴェンの諸作品はその中心に置かれました。

 1842年3月28日の記念すべき第1回演奏会での演目は、ベートーヴェンの第7シンフォニーとレオノーレ第3番ほか全9曲であり、第3回の1843年3月19日の演奏会ではベートヴェンの第9シンフォニーを取り上げ、これが大きな反響を呼び、1週間後のベートヴェンの命日に再演をしました。スタートアップ期を超えて1860年から年4回の定期演奏をもつようになりました。 

3.ブラームス、ブルックナーは「新演目」?

 ウイーンフィルの活動が軌道にのってきた頃、ブルックナーはオルガニストから本格的な作曲家としてのデビューの途上にありました。幾多の紆余曲折ののち、結果的にブルックナーはウイーンフィルとの関係を深めていきますが、見方を変えれば、ウイーンフィルは「十八番」のベートーヴェンのほかに、興業的にみても「新作」を求めていたと言えるかも知れません。年齢的には、いささかトウが立っていますが、ブルックナーも作曲家としては「新人」であり、ウイーンフィルでの採択は、その登竜門。苦労も仕方なかったのではないでしょうか。

 本書では、かのブラームスも自主運営能力の高いウイーンフィルとの関係では相当に汗をかいていることが取り上げられています。ウイーン移住後7年後の1869年にセレナード二長調の作曲者自身による指揮での再演に際して、ウイーンフィル(のメンバーの一部)はこの演奏を拒否し、ブラームスは激怒。一応の和解ののちのブラームスが練習再開の際、楽員に向けての発言を本書から引用します。

 「あなた方は私の作品の演奏を拒否されました。あなた方が私の曲をベートーヴェンのそれと比較してそのようなことをおっしゃるなら、『あのような高さにある作品は二度と創造されることはないであろう』と申し上げるほかないでしょう。しかし、私の作品は、私のベストを尽くした芸術的信念から産み出されたものです。この曲が、あなた方の演奏に値しないものでないことを、ぜひ、お解りいただきたい」(p.140)

  ブルックナーが、3回ものウイーンフィルの演奏拒否のすえ、足かけ3年をへての改訂ののち、なんとか初演に漕ぎ着けた第3シンフォニーで生涯最大の辛酸をなめるのはこの8年後のことです。

広告
カテゴリー: 本・論考・インタビュー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中