ブルックナー/メモランダムⅣ⑦ー E.ベイヌム

 エドゥアルト・ファン・ベイヌム (Eduard van Beinum, 19011959)は、オランダのアルンヘムに生まれました。地元アムステルダム音楽院を卒業し1931年、弱冠30歳で名門アムステルダム(現ロイヤル)・コンセルトヘボウの第二指揮者に任命されました。そのデビューでベイヌムはブルックナー第8番≫を取り上げました。 

 コンセルトヘボウをスターダムに乗せた名匠メンゲンベルクはブルックナーをあまり好まなかったようですが、後任となったベイヌムは1945年首席指揮者就任以来、ブルックナーを得意とし、≪5,7,8,9番≫とその遺産を後生に残してくれました。メンゲンベルクの後をついだ時に45歳。57歳で心臓病のため急逝したのが惜しまれます。 

 ベイヌムのあと、ヨッフム、ハイティンク、シャイーとコンセルトヘボウはブルックナーを積極的に取り上げ、それを確固たる「ブランド」化していきますが、ベイヌムはその路線をはじめに拓いた功労者です。 

 ベイヌムは、ビオラ奏者から指揮者に転進したからでしょうか、ふくよかな弦の響かせ方が実に巧みで、それを基調に、木管は弦楽に溶け込ませるように用い、その一方、金管はクライマックスを除き、やや抑制気味に被せていきます。全体に共通し端正な演奏スタイルが持ち味です。以下は各番毎のワンポイントの寸評です。

 

第5番:1959312日、オランダ放送のライヴ録音)ベイヌム最後の録音です。アムステルダム(現ロイヤル)・コンセルトヘボウの響きは幾分くすんだ美しさで、レガートをとても大切にしている印象です。ライヴ録音特有のノイズは多少ありますが、実に溌剌とした演奏が伝わってきます。

 

■第7番:(録音:1953年 アムステルダム)ベイヌムは、全く奇をてらうことなく弦楽・木管・金管の均衡をとりながら、じっくりと構えてブルックナーの音楽の美しさを伝えてくれます。テンポコントロールも安定しており、聴きやすく集中力にあふれた演奏です。

 

■第8番:(録音:1955669日、アムステルダム)この曲でデビュー以来、ほぼ四半世紀ののちの録音です。全曲の時間が長いゆえ、聴衆を飽きさせないように、ともすればアクセントの強い8番の演奏が多いなか、ブルックナーの音楽のもつ豊かさを自然に引きだしているところが好ましく思います。


■第9番:(録音:19569月、アムステルダム)ベイヌムの晩年に近い演奏ですが、いつもながらの端正さのなか、遅いテンポの終楽章に内在する凝縮力は大変なものです。特に、ブルックナーファンにとっては、素直に楽曲を観賞できる価値ある1枚だと思います。

広告
カテゴリー: 名指揮者 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中