ブルックナー/メモランダムⅤ⑧ ー全集:E.ヨッフム(4)

 ヨッフムの偉業はなんと言ってもブルックナーの交響曲全集や多くの宗教曲集を残してくれたことでしょう。しかも、彼がブルックナーの交響曲や宗教曲を体系的、系統的に録音しはじめた頃は、誰も今日のようにはブルックナーへの熱い視線は送っていなかったと思います。

 ヨッフムが第1回の交響曲全集を完成させたのは1966年ですが、その後に続く代表的な指揮者の全集をいくつか拾ってみると、ハイティンク/コンセルトヘボウ(63-72)、朝比奈隆/大阪フィル(75-78)、マズア/ゲバントハウス管弦楽団(74-78)、バレンボイム/シカゴ響(72-80)、ヴァント/ケルン放送響(74-81)、カラヤン/ベルリン・フィル(74-81)となりますが、この時にはヨッフムは2度目の全集をドレスデン国立管弦楽団で収録済みですから驚きです。

 4番や後期のブルックナーを定着させたのは、フルトヴェングラー、クナッパーツブッシュ、シューリヒト、ワルター、クレンペラーらの先人ですが、1~3番や5番の素晴らしさを一般に教えてくれたのはヨッフムの飽くなき挑戦あればこそと思います。

 

ヨッフムのブルックナー録音リスト

(備忘録/HMV、Amazonからの検索で完全なものではありません)


◆交響曲全集:ベルリン・フィル,バイエルン放送響

                   (旧盤:195866年録音)

                 :ドレスデン国立管弦楽団(新盤:197580年録音)

         以下は旧盤他を掲載し新盤は記載せず


第1:ベルリン・フィル(1965年録音)/ リンツ稿ノヴァーク版


第2:バイエルン放送響(1966年録音)/ ノヴァーク版


3:バイエルン放送響(1967年録音)/ ノヴァーク版

            (1889年稿)


◆第4番:ベルリン・フィル(1965年録音))/ ノヴァーク版

            (1886年稿)<他にコンセルトヘボー(1975年)

            のライブ盤もあり>


5:バイエルン放送響(1958年録音)/ ノヴァーク版

      <他にコンセルトヘボー(1964年、1986年)の

            ライブ盤もあり>


6:バイエルン放送響(1966年録音)/ ノヴァーク版

      <他にコンセルトヘボー(1980年)ライブ盤もあり>


7:ベルリン・フィル(1964年録音)

      <他にコンセルトヘボー(1986917日:昭和女子大

              人見記念講堂)ライブ盤、フランス国立管弦楽団1980

         25日:パリ、シャンゼリゼ劇場)盤もあり>


8:ベルリン・フィル(1964年録音)/ ノヴァーク版

            (1890年稿)<他にハンブルク国立歌劇場管弦楽団(1982

             年)、 バンベルク響1982915日)ライブ盤もあり


9:ベルリン・フィル(旧盤:1964年録音)/ノヴァーク版 

      <他にベルリン放送響1984325日)バイエルン

              放送響195411月)との演奏もあり>


テ・デウム:(モテット集を含む)ベルリン・フィル

ミサ曲:(ミサ曲第1~3番)バイエルン放送響

宗教曲集(ミサ曲、モテット集他)バイエルン放送響


 

広告
カテゴリー: 名指揮者 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中