ブルックナー/メモランダムⅨ⑤ーベルリン・フィルで聴く

 ベルリン・フィルの演奏では、 結論的に言えばカラヤンの全集があれば良い、と思う。以下が自分の意見である。
 
≪カラヤンのブルックナー≫
 1950年代、日本でいまだブームが胎動するまえだが、ブルックナーのレコードはなかなか入手できなかった。フルトヴェングラー、ワルター、クナッパーツブッシュ、コンヴィチニー、ヨッフムらが先鞭をつけたが、カラヤン/ベルリン・フィル盤の8番が1959年頃にリリースされ、名演の誉れ高しとの評価を得た。
 1930年代から幅広い演目で多くのレコードを勢力的に録音してきたカラヤンだが、ブルックナーの取り上げについては実は慎重な印象があった。いまでは全く考えられないことだが、「カラヤンはブルックナーが実は苦手なのでは・・」といった勝手な風説すら当時の日本ではあった。
 1970年頃を境に、この「風説」が一吹される。順番は別として、4,7,9番が相次いでリリースされ、その録音がベルリンの教会で行われたことから残響がとても豊かで美しく、ブルックナーのシンフォニーに見事に適合しており、これを境にブルックナーはカラヤンのメインのレパートリーと認識されることになった。
 その後、この全集がでて、カラヤンの評価は決定的となる。なお、晩年、ウイーン・フィルとの7,8番が出る。特に7番は、ブルックナーの作曲時のエピソード(ワーグナーへの葬送)に加え、死の3ヶ月前の最後の録音であったことから、カラヤン自身への「白鳥の歌」と大きな話題を呼んだ。生粋のオーストリア人カラヤンにとって、故国の大作曲家たるブルックナーは、むしろ特別な存在であったのかも知れない。
 全番に一貫するカラヤンらしい明晰な解釈、流麗な音の奔流、なによりもその抜群の安定感からみて、ヨッフムとともに全集決定盤の最右翼である。

 しかし、どうしてもカラヤンが嫌いな向きもあるだろう。その場合はヨッフムの旧盤かヴァントがお気に召すのではないだろうか。また、4番はテンシュテットの素晴らしい演奏がある。さらに、先に記したウイーン・フィルにも共通するが、フルトヴェングラーとクナッパーツブッシュの両巨頭も特定の番数では凄まじいばかりの演奏をしている。

 

<ベルリン・フィルのラインナップ>

 

1.  ブルックナー:交響曲第1番  ヨッフム(オイゲン)

織工さんのコメント:

 

"ヨッフムは全集でも最右翼のチョイス。安定感抜群"

 
 

2.  ブルックナー:交響曲第2番  ヨッフム(オイゲン)

織工さんのコメント:

 

"1番とともに初期ブルックナーをヨッフムで聴く選択"

 
 

3.  ブルックナー:交響曲選集1996-2001  ヴァント(ギュンター)

織工さんのコメント:

 

"ヴァントの4,5,7,8,9番の選集"

 
 

4.  Bruckner: Symphony no 4 / Jochum, Berliner Philharmoniker  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"ヨッフムの4番"

 

 
 

5.  Bruckner: Symphony No. 4 "Romantic"; Liszt: Les Prludes  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"クナッパーツブッシュの4番"

 
 

6.  Bruckner: Symphony No. 4  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"カラヤンの4番"

 
 

7.  Bruckner: Symphony No. 4  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"ムーティの4番"

 
 

8.  Bruckner: Symphony No. 5 (Original Version)  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"フルトヴェングラーの4番"

 
 

9.  Anton Bruckner: Symphony No. 6 in A Major  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"バレンボイムの6番"

 

 
 

10.  Bruckner: Symphony No. 7  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"シューリヒトの7番"

 

 
 

11.  Bruckner: Symphony No. 7  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"カラヤンの7番"

 
 

12.  Bruckner: Symphony No. 8; Overtures by Mendelssohn, Nicolai, Wagner & Weber  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"カラヤンの8番"

 
 

13.  Symphony 8 1949  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"フルトヴェングラーの8番"

 
 

14.  Bruckner: Symphony No. 8  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"アーノンクールの8番"

 

15.  Bruckner: Symphonie No. 9  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"ヨッフムの9番"

 

16.  Bruckner: Symphony 9  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"フルトヴェングラーの9番"

 
 

17.  ブルックナー:交響曲第4番  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

織工さんのコメント:

 

"テンシュテットの4番"

 

 
 

18.  Bruckner: Symphony No5, WAB105  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"フルトヴェングラーの5番"

 
 

19.  ブルックナー:交響曲第6番  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

織工さんのコメント:

 

"カラヤンの6番"

 
 

20.  ブルックナー:交響曲第6番  フルトヴェングラー(ウィルヘルム)

織工さんのコメント:

 

"フルトヴェングラーの6番"

 
 

21.  ブルックナー:交響曲第7番  ヨッフム(オイゲン)

織工さんのコメント:

 

"ヨッフムの7番"
新品/ユーズド価格: ¥ 800

 

 
 

22.  Bruckner: Symphony in E No7, WAB107  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"フルトヴェングラーの7番"

 

 
 

23.  ブルックナー:交響曲第8番  ヨッフム(オイゲン)

織工さんのコメント:

 

"ヨッフムの8番"

 
 

24.  Bruckner: Symphony No. 9; Haydn: Symphony No. 94  Anton Bruckner

織工さんのコメント:

 

"クナッパーツブッシュの9番"

 

 
広告
カテゴリー: 古き名盤 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中