ブルックナー/メモランダムⅨ⑦ードイツのオーケストラで聴く

  ブルックナーの楽しみはさまざまな組み合わせで、多彩なアスペクトの演奏を聴けることでしょう。オーケストラに注目すると、ここでまず挙げるべきはヨッフム/ドレスデンとの全集です。以下が自分の意見です。
 
≪ヨッフムのブルックナー≫
  ヨッフムの偉業はなんと言ってもブルックナーの交響曲全集や多くの宗教曲集を残してくれたことでしょう。しかも、彼がブルックナーの交響曲や宗教曲を体系的、系統的に録音しはじめた頃は、誰も今日のようにはブルックナーへの熱い視線は送っていなかったと思います。
  ヨッフムが第1回の交響曲全集を完成させたのは1966年ですが、その後に続く代表的な指揮者の全集をいくつか拾ってみると、ハイティンク/コンセルトヘボウ(63-72)、朝比奈隆/大阪フィル(75-78)、マズア/ゲバントハウス管弦楽団(74-78)、バレンボイム/シカゴ響(72-80)、ヴァント/ケルン放送響(74-81)、カラヤン/ベルリン・フィル(74-81)となりますが、この時にはヨッフムは2度目の本全集をドレスデン国立管弦楽団と収録済みですから驚きです。
 4番や後期のブルックナーを定着させたのは、フルトヴェングラー、クナッパーツブッシュ、シューリヒト、ワルター、クレンペラーらの先人ですが、1~3番や5番の素晴らしさを一般に教えてくれたのはヨッフムの飽くなき挑戦あればこそと思います。 この値段ではなんとももったいない最高のブルックナー全集のひとつです。
 
 ミュンヘン・フィルについてはクナッパーツブッシュやチェリビダッケの演奏も出色です。特に8番のクナッパーツブッシュの桁違いの演奏スケールは他に例をみません。チェリビダッケはシュトゥットガルト放送響との共演でもぶれない堂々としたブルックナー演奏を行っています。
 ヴァントとケルン放送交響楽団、北ドイツ放送交響楽団、ベルリン・フィルとの演奏にも根強いファンがいるのも良くわかります。特に初期の交響曲ではヨッフムと双璧の出来映えでしょう。
 さらにレーグナーがいます。ベルリン放送管弦楽団との6番は、カラヤンとともに同番の最右翼の名演です。まだまだ尽きませんが、最後に一言。シノーポリ/ドレスデン・シュターツカペレとインバル/フランクフルト放送交響楽団とのコンビネーションも見逃せません。
 
 
<ドイツ的な重厚な響きを求めて>
 
 

1.  ブルックナー:交響曲第1番&第2番  ヴァント(ギュンター)

織工さんのコメント:

 

"ヴァントとケルン放送響による好演。ヨッフムの1,2番も深い解釈の名盤です。"

 
 

2.  ブルックナー:交響曲第3番  チェリビダッケ(セルジュ)

織工さんのコメント:

 

"チェリビダッケ/シュトゥットガルト放送響。ミュンヘン・フィルとの録音もあります。演奏には強烈な個性が光ります。"

 
 

3.  ブルックナー:交響曲第3番  ヨッフム(オイゲン)

織工さんのコメント:

 

"ヨッフム/バイエルン放送響。ドレスデン・シュターツカペレとの新盤の選択もあります。"

 
 

4.  ブルックナー : 交響曲選集 [第3番~第9番]  北ドイツ放送交響楽団

織工さんのコメント:

 

"3~9番についてヴァント/北ドイツ放送交響楽団のライブ録音盤で聴く選択。"

 
 

5.  ブルックナー:交響曲第4番  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

織工さんのコメント:

 

"テンシュテット/ベルリン・フィル。ベルリン・フィルの同番数多ある演奏中、最右翼の名演。"

 

 
 

6.  ブルックナー:交響曲第4番  ヨッフム(オイゲン)

織工さんのコメント:

 

"ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレ。ベルリン・フィルとは異なった旧東独の伝統ある響きを聴く。"

 
 

7.  ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」  シュタイン(ホルスト)

織工さんのコメント:

 

"ホルスト・シュタイン/バンベルク響。小さな街ながら独特の文化が育んだサウンド。"

 
 

8.  ブルックナー:交響曲第5番  ヨッフム(オイゲン)

織工さんのコメント:

 

"ヨッフム/バイエルン放送響の名盤。ヨッフムの5番は他の追随を許さぬような森厳さがあります。"

 
 

9.  ブルックナー:交響曲第5番  シノーポリ(ジュゼッペ)

織工さんのコメント:

 

"シノーポリ/ドレスデン・シュターツカペレ。シノーポリらしい異色の分析的な演奏にも魅力があります。"

 
 

10.  ブルックナー:交響曲第6番  ベルリン放送管弦楽団

織工さんのコメント:

 

"レーグナー/ベルリン放送響。残響豊かで美しい調べの6番です。"

 

 
 

11.  ブルックナー:交響曲第6番  ライトナー(フェルディナンド)

織工さんのコメント:

 

"ライトナー/南西ドイツ放送響。ライトナーは日本での人気はいまひとつですが優れた指揮者だと思います。"

 
 

12.  ブルックナー:交響曲第7番  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

織工さんのコメント:

 

"ヴァント/ベルリン・フィル。ケルン放送響との録音もあります。"

 
 

13.  ブルックナー:交響曲第7番  ヨッフム(オイゲン)

織工さんのコメント:

 

"ヨッフム/ドレスデン・シュターツカペレ。第2楽章を「頂点」におく構築力。"

 
 

14.  ブルックナー:交響曲第7番  ベルリン放送交響楽団

織工さんのコメント:

 

"ジュリーニ亡き後、カンタービレの聴かせ方の巧さでは天下一品のシャイーのブルックナー。"

 
 

15.  ブルックナー : 交響曲 第7,8,9番  シュトゥットガルト放送交響楽団

織工さんのコメント:

 

"チェリビダッケ/シュトゥットガルト放送響。ミュンヘン・フィルなどとの録音もあります。"

 

 
 

16.  ブルックナー:交響曲第8番  ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

織工さんのコメント:

 

"クナッパーツブッシュ/ミュンヘン・フィルによる「桁違い」の雄大なスケール。"

 
 

17.  ブルックナー:交響曲第8番  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

織工さんのコメント:

 

"上記クナッパーツブッシュと双璧をなす名演。音楽の格闘技です。"
広告
カテゴリー: 古き名盤 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中