ブルックナー//メモランダムⅠ ⑧ーバート・イシュル

ウイークエンドシアター NHK 世界音楽紀行-オーストリア ザルツカンマーグート地方-

 

11月9日(日) 01時30分30秒 ~ 02時15分30秒 [45分] 

 ここでの取材地のひとつが、美しい湖畔の町ハルシュタット近くのバート・イシュルである。ここは、オーストリアの湖水地方:ザルツカンマーグート(塩の御料地)にあり、三方を山に囲まれた谷間の温泉保養地として、フランツ・ヨーゼフ皇帝が夏の間、別荘(カイザーヴィラ)で過ごしたところ。
 
 音楽家もよく集ったようで、レハールゆかりの地として有名だが、ほかにもブラームス、ヨハン・シュトラウスの別荘もあり、また、メイン通りの角には、ブルックナーがオルガンを演奏したニコラス教会がある(記念のプレートが映っていた)。番組では皇帝の息女のためにここで演奏したことをブルックナーは生涯、自慢していたとのコメントがあった。そう言えば、オルガン曲で「バート・イシュルの即興」というのもあったと思う。
 
 また、大酒飲みのブルックナーは今も残るワインハウス「アットヴェンガー」(下の写真)に毎日のように通ったという。オーストリアの有名温泉地で、皇帝とも知己があり、豊かな自然と美味しいワインの生活と聞けば、ブルックナーも暫し、ここでの生活をエンジョイしていた姿が瞼に浮かび、気分良かっただろうなあ・・・と思わず微笑んだ。
 
バート・イシュル
広告
カテゴリー: 魅力の源泉 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中