ブルックナー//メモランダムⅡ ⑤ー座右のブルックナー本 4

作曲家 人と作品 ブルックナー (作曲家・人と作品)

作曲家 人と作品 ブルックナー (音楽之友社 (2006/5/1) 単行本)

 
 ハンディな新刊です。新しい資料も折り込み、下記の土田本のディテールが良くわかります。「繰り返される改訂は、創作上の葛藤か、それとも溢れる野心の発露だったのか―19世紀オーストリアを舞台に、多くのユニークな作品を残した巨匠の、孤高の生涯をたどる」<引用>。
 最近の研究成果が生かされているとのことですが、記述が相当細部にわたる部分は一般読者はやや煩瑣な印象をもつかも知れません。
広告
カテゴリー: 本・論考・インタビュー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中