ブルックナー//メモランダムⅢ①ーブルックナーとブラームス

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   ブルックナーとブラームスの「同時代人」性はいろいろと考えさせる素材を提供してくれる。以下は、かつて書いた文章—

  1833年生まれのブラームスは、ブルックナーよりも9歳年下です。そのブラームスの第1番交響曲が21年の歳月をへて完成し(それ以前の「習作」などは廃棄したとも言われます)1876年に初演された時、彼は43歳でした。さかのぼって1868年、ブルックナーは第1番交響曲を自らの手で初演します。時に44歳でした。年齢差こそありますが、交響曲作曲家としてのデビューは2人ともほぼ同年代であったわけです。

  北ドイツのハンブルク生まれのブラームスが活動の拠点を音楽の都ウイーンに移したのは1862年、ブルックナーは7年遅れて1869年にウイーンに入ります。ブラームスが満を持して1番のシンフォニーを発表する以前、彼は「ドイツ・レクイエム」を世に問い自信を深めたと言われます。ブルックナーも同様に、ミサ曲二短調(1864年)、ミサ曲ホ短調(1866年)、ミサ曲へ短調(1867年)と相次いで作曲したうえで翌年1番のシンフォニーを期待とともに送り出します。
  ブラームスの最後の交響曲第4番は1884年から翌年にかけて作曲されますが、この年還暦を迎えたブルックナーは交響曲第7番をライプチッヒの市立歌劇場で、アルトゥール・ニキシュ指揮で初演し輝かしい成功を飾っています。さらにその後、ブルックナーは交響曲の作曲に10年に歳月をかけ1894年第9番のシンフォニーの第1から3楽章を完成させています。
  こうして見てくると稀代の交響曲作曲家としての2人の同時代性がよくわかります。有名な2人にまとわるエピゴーネン達の論争や足の引っ張り合いなどは一切捨象して、お互いの作風の違いや共通するその高い精神性への相互の思いなどをタイムスリップして聞いてみたくなります。
  両者の音楽理論的な異質性の論評は専門家や評論家の仕事でしょうが、両者の名演を紡ぎ出す指揮者がフルトヴェングラーやクナッパーツブッシュ、シューリヒトはじめ多く共通しているのは興味深いと思います。これは、広義のドイツ文化圏のなかで捉えるべきものなのか、同時代性のもつ意味なのか、あるいは双方なのかーーブルックナー、ブラームスともにこよなく好きな日本の一リスナーといえどもやみがたく関心のそそられる問題ではあります。

http://shokkou.spaces.live.com/blog/cns!9E9FE7463122BF4E!247.entry?&_c02_owner=1

 ブルックナーのあとでブラームスの交響曲を聴くと、ブラームスの音楽は、引き締まった筋肉質で、特有の凝縮感があるように感じる。交響曲でも、ブルックナーは実に長く、ブラームスは(その相対比較において)短く感じる。当時のオーケストラ・メンバー(ウイーン・フィルが典型だが)にとって、程良い演奏時間からも、また聴衆の「受け」方でも、ブラームスが好かれブルックナーが当初不評だったことも理解できる。もっと端的に言えば、ブラームスは当時のウイーン音楽界の諸事情をキチンと洞察し、1作品の時間管理にしても、管弦楽団のモティベーションを高めるオーケストレーションの方法論にしても、心憎いばかりに踏まえて作曲をしていたと言えるかも知れない。合理的で無駄がなく、かつ、その音楽は堅牢でありながら情熱も気品もある。だからこそ、反ワーグナー派が血道をあげる熱中をしたのだろう。
 さて、ブルックナーはその点で大いに不利である。日本的な比喩では「独活(うど)の大木」という言葉が連想されるが、ブラームス愛好家からすれば、当時のウイーンではハンス・リックのみならず、こうした世評があったとしても不思議ではない。ブラームスのスタイリッシュさに魅力を感じる向きには、ブルックナーの音楽は時に無骨に響くのだろう。

 蛇足だが、ブラームス(写真)はハンサムだった。晩年の憂いを含んだ髭の重厚な面影もご婦人にはもてたであろう。その点でもブルックナーは分が悪い。しかし、ブルックナーの伝記を読んでいると、大家ブラームスがいたからこそ、そして、反ブラームス派≒ワーグナー派の、(いまとなっては非本質的な)「論争」があればこそ、ワーグナー派の「遅れてきた交響曲作家」として、ブルックナーも世俗的に注目されたというプラスの一面はあるだろう。禍福はあざなえる縄の如し。

 ブラームスはブルックナーをあまり歯牙にもかけたくなかったろうし、訳のわからない「論争」は迷惑であったろう。しかし、ブラームスは全般に、横綱然として大人の対応を行っているように見える。対して、ブルックナーは実生活では、ハンス・リックにいじめ抜かれたこともあって、周章狼狽気味である。ブルックナー被害者説もあるが、公平にみれば、超然としているかに見えるブラームスの方が割を食っていたのではないだろうか。
 
 さて、ブラームス、ブルックナー双方ともに好きな自分だが、いまはブラームスのスタイリッシュさよりも、ブルックナーの泥臭さにより多く惹かれる。その交響曲の長大さや循環性が逆に魅力の源泉になっている。しかし、だからこそ、時たま聴くブラームスは「新鮮」で、その良さが際だち改めて心動かされる気もするのである。
広告
カテゴリー: 作曲家群像 パーマリンク

ブルックナー//メモランダムⅢ①ーブルックナーとブラームス への2件のフィードバック

  1. Anton Bruckner より:

    ページ ビュー合計: 10000 今日のページ ビュー: 10 今週のページ ビュー: 34 1 時間以内のページ ビュー: 2

  2. ピンバック: ブルックナーについて考える1 | ブルックナー・ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中