ブルックナー//メモランダムⅢ⑤ー6 各国別ベストテン(総括)

Sinfonien 1-9 
  
    Amazonで各国別のブルックナーランキングを調べてみた。時点はリアルタイム(2009.6.21)で、順に、ドイツ、イギリス、アメリカ、フランスそして中国の5国である。ベストテンを掲載して簡単なコメントを付した。ドイツでは全集志向が強く、イギリスではバレンボイムの評価が高く、また、イギリスとアメリカではベンジャミン・ザンダーが、フランスではフィリップ・ヘレヴェッヘが、中国では朝比奈隆が上位入りしているという新しい発見があった。また、ブルックナーの宗教曲が交響曲とともに、ドイツ、イギリスでは良く聴かれていることもわかる。
 
 これは、「瞬間的」なランキングであり、もちろん時々刻々、有為転変はあろうが、そのなかにあって、各国ともに共通してヨッフム、カラヤンが(価格の安さももちろんあろうが)評価されていることは最大の特徴だろう。特に、ヨッフムは旧盤、新盤、宗教曲とも各国で幅広く受容されている。さて、日本ではどうか、それは以下でご確認いただきたい。
 
<日本のランキング>
広告
カテゴリー: 魅力の源泉 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中