ブルックナー//メモランダムⅣ⑥ーHMVランキング

 HMVで、ブルックナーのベストセラーをリアルタイムで検索してみた。CDに限定(DVDを除く)で、上位20をランキングしてみた。もちろん、これは文字どおり瞬間的なデータだが、興味深い点も多々ある。
 
 第1位のパーテルノストロ盤は、破格の安さで売れているのでひとまず除外するとして、チェリビダッケの5番(ミュンヘン・フィル)の日本ライヴが次にくるのは少し意外感がある。根強い人気があるのは、マタチッチ同様、晩年の日本公演の強烈なインパクトがいまも語り草になっているからかも知れない。また、先に来日したプロムシュテットも7、4番(ドレスデン)、8番(ゲヴァントハウス)がランクインしている。
 ヨッフムでは、7番(コンセルトヘボウ)、9番(ミュンヘン・フィル)、新盤の全集が、また、ヴァントでは2種の8番(ミュンヘン・フィル、ベルリン・フィル)と4,5,6,8,9番の選集(ミュンヘン・フィル)が、さらに、ジュリーニでは後期3曲、9番(ウイーン・フィル)、8,7番(ベルリン・フィル)が上位に入っている。
 逆に初期から中期の2,3,4番ではシノーネ・ヤングの人気が高い。シノーネ・ヤングは、①女性指揮者、②初稿採用、③ハイブリッドSACD録音の3つの大きな特色を「武器」にしているからか。その他ではテンシュテットの4番のライブ、朝比奈隆の5番(シカゴ響)、ヤンソンスの3,4番(コンセルトヘボウ)が光っている。
 
<上位20位ランキング/ベストセラー2010.1.16>
 

1. 交響曲全集 パーテルノストロ&ヴュルッテンベルク・フィル(11CD)

2. 交響曲第5番 チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル(1986年サントリーホール)(2CD)

3. 交響曲第7番、他 ヨッフム&コンセルトヘボウ(1986)

4. 交響曲第2番(初稿)シモーネ・ヤング&ハンブルク・フィル(ハイブリッドSACD)

5. 交響曲第7番 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン

6. 交響曲第8番、他 ヴァント & ミュンヘン・フィル

7. 交響曲第4番 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン

8. 交響曲第4番他 テンシュテット&ロンドン・フィル(ライヴ)

9. 交響曲第9番 ヨッフム&ミュンヘン・フィル

10.交響曲全集 ヨッフム指揮シュターツカペレ・ドレスデン(9CD)

11.交響曲第4番(初稿)シモーネ・ヤング&ハンブルク・フィル(ハイブリッドSACD)

12.交響曲第9番 ジュリーニ/ウィーン・フィルハーモニー

13.交響曲第8番 ヴァント指揮ベルリン・フィル

14.交響曲第3番(初稿)シモーネ・ヤング&ハンブルク・フィル(ハイブリッドSACD)

15.交響曲第8番 ジュリーニ&ベルリン・フィル(1984 ステレオ)

16.交響曲第7番 ジュリーニ&ベルリン・フィル(1985 ステレオ)

17.ブルックナー:交響曲第4・5・6・8・9番、他 ヴァント&ミュンヘン・フィル(8CD) 

18.交響曲第3番、第4番 ヤンソンス&コンセルトへボウ管(2SACD) 

19.交響曲第5番 朝比奈隆&シカゴ交響楽団

20.交響曲第8番 ブロムシュテット&ゲヴァントハウス管(2SACD)

http://www.hmv.co.jp/search/list?genre=700&keyword=%83u%83%8B%83b%83N%83i%81%5B&target=CLASSIC&advanced=1&formattype=1&direction=&sort=best&pagesize=1&pagenum=1

広告
カテゴリー: 魅力の源泉 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中