ブルックナー//メモランダムⅤ⑩ー目次<総括>

 ①では、関連本として『クラシック音楽の系譜』 鳥影社 (1998/12)ヴァルター・アーベントロート (著), 田中 宏幸 (翻訳), 田中 まり (翻訳)を取り上げています。②では、「フルトヴェングラー(Wilhelm Furtwängler, 18861954年)再考」、③は、引き続き「フルトヴェングラーVSクナッパーツブッシュ」論、④は、「カラヤン再考」、⑤は、「ベーム再考」、⑥は、「ベイヌム再考」、⑦では、「3人の大指揮者」として、ハンス・リヒター(Hans Richter, 1843~1916年)、アルトゥル・ニキシュ(Nikisch Artúr, Arthur Nikisch, 1855~1922年)、カール・ムック(Karl Muck, 1859~1940年)について記載。これは以降の系譜を考えるための記事です。⑧は、「天文学」、⑨は、「獅子吼」(書きかけ)ですが、遊んでいくつかを挿入しています

広告
カテゴリー: インデックス パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中