ブルックナー 交響曲第5番 アバド ルツェルン音楽祭2011

http://www.lucernefestival.ch/en/lucerne_festival_academy/program_2011/

  下記にあるとおり、アバドでブルックナーの5番を聴く。現役大物指揮者の最古参であり、ルツェルン音楽祭の常連であり、かつ得意のブルックナー。

  NHKの画面を見ていて、もっとも印象的だったのは演奏が終わってからの、オケ、聴衆の笑顔、笑顔、笑顔である。眦(まなじり)をけっしての・・・といった堅苦しさはまったくなく、今日はスカッと演奏できたね、実に美しいものに接したねといった至福の時間の共有感とでもいうべきか。最高の美食のあとの幸福感にも似たり・・・といった感じだろうか。

  最強奏を求めず、テンポは堂々と安定し、なにより音(楽器)のバランスのよい融合感、個々の音のカラフルさが引き立ち、かつフレーズのこよなく美しいブルックナーである。晩年のカラヤンと「共通」する音の彫琢感度、その一方、それとは「異質」のオーケストラ操舵の自由度、そこから生まれる開放感が漂う。こういうブルックナー像も悪くない。なにより、ここに居合わせた演奏者の達成感、聴衆の満足度が表情から自然に伝わってくる。

  でも、そのあとマーラーの4番を聴いて(これは2年前の同音楽祭での収録、アバドの体調もはるかに良さそうに見える)、こちらの方が音楽の構成がより大きく、音色もなんとも艶やかで名演だなと思った。マグダレーナ・コジェナーの柔らかな、優しい音声も、4番のまえに演奏された「“最後の七つの歌”から」ともぴったりである。

(以下は引用)

プレミアムシアター ルツェルン音楽祭2011から 東日本へのトリビュート ほか                           
◇東日本大震災の被災地のために開かれた特別公開リハーサル 
▽(前0:05)ルツェルン音楽祭管弦楽団演奏会 
▽(1:54)ルツェルン音楽祭2009 ほか               
                              
ルツェルン音楽祭2011から 東日本へのトリビュート    
                              
「交響曲 第10番から アダージョ」      マーラー作曲
                              
             (管弦楽)ルツェルン音楽祭管弦楽団
                (指揮)クラウディオ・アバド
                              
  ~スイス ルツェルン文化会議センターで収録~      
                                        <収録:2011年8月9日>                
                              
◇(前0:05)                      
ルツェルン音楽祭2011から                
クラウディオ・アバド指揮 ルツェルン音楽祭管弦楽団演奏会  
                              
「交響曲 第35番 ニ長調 K.385“ハフナー”」    
                      モーツァルト作曲
                              
「交響曲 第5番 変ロ長調<ノヴァーク版>」ブルックナー作曲
                              
             (管弦楽)ルツェルン音楽祭管弦楽団
                (指揮)クラウディオ・アバド
                              
  ~スイス ルツェルン文化会議センターで収録~      
                              
<収録:2011年8月19日、20日>  

         
                              
◇(1:54)                       
ルツェルン音楽祭2009                  
クラウディオ・アバド指揮 ルツェルン音楽祭管弦楽団     
                              
「“最後の七つの歌”から」           マーラー作曲
   ▽美しさを愛するのか                 
   ▽わたしの歌をのぞき見しないで            
   ▽真夜中に                      
   ▽ほのかな香りを                   
   ▽わたしはこの世に忘れられ              
                              
「交響曲 第4番 ト長調」           マーラー作曲
                              
         (メゾ・ソプラノ)マグダレーナ・コジェナー
             (管弦楽)ルツェルン音楽祭管弦楽団
                (指揮)クラウディオ・アバド
                              
  ~スイス ルツェルン文化会議センターで収録~      
                              
<収録:2009年8月21日、22日>           
                              
◇(3:20)                       
音楽の生まれた街~チェコ・プラハ~             
                              
「交響曲 第38番“プラハ” 第1楽章」  モーツァルト作曲
                              
         (管弦楽)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
              (指揮)ラファエル・クーベリック

http://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20110827-10-00065&pf=f

広告
カテゴリー: 好きな演奏 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中