ブルックナーについて考える3

ブルックナー:交響曲第6番

「ブルックナーの真の魅力は、そのアダージョにあり」・・・人によって、どのアダージョが好きか、評価は当然わかれるだろうが、多くのブルックナー・ファンがその第一にあげるのが交響曲第6番第2楽章のアダージョである。

ここでは、清浄ですがすがしく、かつ高貴な音楽がつづく。目をつぶってその音楽のたゆたいに身をゆだねるとき、至福な時間がそこにある。こんなに良い音楽なのに、ブルックナーは生前、全曲を自らは聴くことはなかった。全曲(但し短縮した版)の初演は、ブルックナー逝去後、1年以上もたった1889年2月26日、若きグスタフ・マーラー指揮によるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で行われたが、「本来」の全曲の初演は1901年3月14日シュトゥットガルトにおいてカール・ポーリヒの指揮により、また、「原典版」での初演は1935年10月9日にドレスデンでファン・ケンペンの指揮により行われたという。なお、ブルックナー存命中は、作曲後約1年半後、1883年2月11日にヴィルヘルム・ヤーン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によって、第2楽章と第3楽章のみ取り上げられたが、この演奏はウイーンの聴衆に好意的に迎えられたようだ。

ところで、短縮版とはいえ、全曲をはじめて取り上げたマーラーだが、その第9番の交響曲の第4楽章のアダージョは、この6番の第2楽章を彷彿とさせるものがある。特に終結部の静謐に消え入るようなエンディングは共通する。マーラーの9番の終楽章は、よくブルックナーでは9番の第3楽章との共通性が指摘されるけれど、いずれも完成された交響曲の「終章」という点で象徴的な意味をもつ。

だが、交響曲第6番のアダージョにはその第3主題で「葬送行進曲」が盛りこまれており、ここでも死と生が強く意識されている。なにより玲瓏とした透明感のあるその佇まいは同じ深い魅力をたたえている。マーラーは、ブルックナーの弟子であり追悼演奏会の立役者であったわけだから、特にこの曲はよく研究していたことであろう。

ブルックナーは敬虔なカトリック教徒として、宗教音楽には子供の頃から人一倍、親しんでいた。潔癖な音づくり、人の清冽な感性にひびく技法は十分に身につけていた。そして、これこそは大音量、大きな構成力の管楽器の咆哮、獅子吼とともにブルックナーの交響曲の独自の強みでもあり、この6番のほかにも珠玉のメロディを聴くことができる。ブルックナーのアダージョの美質に目覚めたとき、本当のブルックナー・ファンになると言ってもよいかも知れない。

(参考1)

<>SYMPHONY NO.0 IN D MINOR “NULLTE”

llegro – Poco meno mosso

Andante sostenuto

Scherzo. Presto – Trio. Langsamer und ruhiger

Finale. Moderato – Allegro vivace

https://mituhirousui.wordpress.com/2006/03/18/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bcno-0/

<>SYMPHONY NO.1 IN C MINOR

Allegro molto moderato

Adagio

Scherzo. Lebhaft

Finale. Bewegt, feurig

https://mituhirousui.wordpress.com/2006/03/18/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bcno-1/

<>SYMPHONY NO.2 IN C MINOR

Ziemlich schnell

Adagio. Feierlich, etwas bewegt

Scherzo. Schnell

Finale. Mehr schnell – Sehr schnell

https://mituhirousui.wordpress.com/2006/03/18/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bcno-2/

<>SYMPHONY NO.3 IN D MINOR

Gemaessigt, mehr bewegt, misterioso

Adagio, bewegt, quasi andante

Scherzo. Ziemlich schnell

Finale. Allegro

https://mituhirousui.wordpress.com/2006/03/18/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bcno-3/

<>SYMPHONY NO.4 IN E FLAT MAJOR “ROMANTISCHE”

Bewegt, nicht zu schnell

Andante, quasi allegretto

Scherzo. Bewegt – Trio. Nicht zu schnell. Keinesfalls schleppend – Scherzo

Finale. Bewegt, doch nicht zu schnell 

https://mituhirousui.wordpress.com/2006/03/18/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bcno-4/

<>SYMPHONY NO.5 IN B FLAT MAJOR

Introduction. Adagio – Allegro. 

Adagio. Sehr langsam

Scherzo. Molto vivace (schnell) – Trio. Im gleichen Tempo

Finale. Adagio – Allegro moderato

https://mituhirousui.wordpress.com/2006/03/19/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bcno-5/

<>SYMPHONY NO.6 IN A MAJOR

Maestoso

Adagio. Sehr feierlich

Scherzo. Nicht schnell – Trio. Langsam

Finale. Bewegt, doch nicht zu schnell

https://mituhirousui.wordpress.com/2006/03/19/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bcno-6/

<>SYMPHONY NO.7 IN E MAJOR

Allegro moderato

Adagio. Sehr feierlich und sehr langsam

Scherzo. Sehr schnell

Finale. Bewegt, doch nicht zu schnell 

https://mituhirousui.wordpress.com/2006/03/19/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bcno-7/

<>SYMPHONY NO.8 IN C MINOR

Allegro moderato

Scherzo. Allegro moderato

Adagio. Feierlich langsam, aber nicht schleppend

Finale. Feierlich, nicht schnell

https://mituhirousui.wordpress.com/2006/03/19/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bcno-8/

<>SYMPHONY NO.9 IN D MINOR

Feierlich. Misterioso

Scherzo. Bewegt, lebhaft – Trio. Schnell – Scherzo

Adagio. Langsam, feierlich 

https://mituhirousui.wordpress.com/2006/03/19/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bcno-9/

(参考2)

0番:https://mituhirousui.wordpress.com/2007/06/02/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e2%85%a7%e2%91%a0%e3%80%80%e4%ba%a4%e9%9f%bf%e6%9b%b2%e7%ac%ac%ef%bc%90%e7%95%aa/

 1番:https://mituhirousui.wordpress.com/2007/06/02/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e2%85%a7%e2%91%a1%e3%80%80%e4%ba%a4%e9%9f%bf%e6%9b%b2%e7%ac%ac%ef%bc%91%e7%95%aa/

 2番:https://mituhirousui.wordpress.com/2007/06/03/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e2%85%a7%e2%91%a2%e3%80%80%e4%ba%a4%e9%9f%bf%e6%9b%b2%e7%ac%ac%ef%bc%92%e7%95%aa/

 3番:https://mituhirousui.wordpress.com/2007/06/03/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e2%85%a7%e2%91%a3%e3%80%80%e4%ba%a4%e9%9f%bf%e6%9b%b2%e7%ac%ac%ef%bc%93%e7%95%aa/

 4番:https://mituhirousui.wordpress.com/2007/06/03/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e2%85%a7%e2%91%a4%e3%80%80%e4%ba%a4%e9%9f%bf%e6%9b%b2%e7%ac%ac%ef%bc%94%e7%95%aa/

5番:https://mituhirousui.wordpress.com/2007/06/03/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e2%85%a7%e2%91%a5%e3%80%80%e4%ba%a4%e9%9f%bf%e6%9b%b2%e7%ac%ac%ef%bc%95%e7%95%aa/

 6番:https://mituhirousui.wordpress.com/2007/06/03/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e2%85%a7%e2%91%a6%e3%80%80%e4%ba%a4%e9%9f%bf%e6%9b%b2%e7%ac%ac%ef%bc%96%e7%95%aa/

 7番:https://mituhirousui.wordpress.com/2007/06/03/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e2%85%a7%e2%91%a7%e3%80%80%e4%ba%a4%e9%9f%bf%e6%9b%b2%e7%ac%ac%ef%bc%97%e7%95%aa/

 8番:https://mituhirousui.wordpress.com/2007/06/03/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e2%85%a7%e2%91%a7%e3%80%80%e4%ba%a4%e9%9f%bf%e6%9b%b2%e7%ac%ac%ef%bc%97%e7%95%aa/

 9番、テ・デウム:https://mituhirousui.wordpress.com/2007/06/03/%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e2%85%a7%e2%91%a9%e3%80%80%e4%ba%a4%e9%9f%bf%e6%9b%b2%e7%ac%ac%ef%bc%99%e7%95%aa%e3%80%81/

広告
カテゴリー: 魅力の源泉 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中