ハンス・ロスバウト  Hans Rosbaud

今日、ハンス・ロスバウトでブルックナー2番を聴く。古い録音のせいかも知れないが、オーケストラが咽び泣いているように聴こえる。まずは、そのプロフィールを下記にて。

ハンス・ロスバウト(1895年7月22日~1962年12月29日)はオーストリアのグラーツ生まれ、同時代人のなかでも現代音楽への造詣が深いことで知られる。

その指揮活動は、1921年マインツを皮切りに1928年にはフランクフルトのヘッセン放送響(Hessicher Rundfunk)の音楽監督に就任する。当時からシェーンベルク、バルトークらの作品の紹介に尽力するが、ナチ政権下で活動が制約され、1937年には政治的理由からフランクフルトを追われ、ミュンスターの音楽総監督を務め、その後3年間をストラスブール(Orchestre philharmonique)で過ごした後終戦を迎える。

戦後は早くも1945年、アメリカ占領統治下、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任。以降、バーデンバーデンに新設された南西ドイツ放送交響楽団、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の指揮者として活動した。

1954年には、シェーンベルクのオペラ「モーゼとアロン」を初演、また、ドナウエッシンゲン音楽祭(現代音楽のフェスティバル)をSWR交響楽団を率いて再興した。

古典の演目では、エクサン・プロヴァンスのモーツァルト・オペラやグルックやラモーの初期作品の紹介でも功績があった。収録された遺産において卓越しているのは、ブルックナー、マーラー、ストラヴィンスキーおよびブーレーズなどといわれる。指揮者としては円熟期にある67歳、ルガノ(スイス)で逝去。

http://en.wikipedia.org/wiki/Hans_Rosbaud

 

広告
カテゴリー: 古き名盤 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中