べーム  Karl Böhm

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC3%E7%95%AA-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B00KBAT8BQ/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1411230365&sr=1-1&keywords=bohm+bruckner

作曲者の最終稿をベースとしたノヴァーク版(1958年「ブルックナー協会版」)を使用したベーム/ウィーン・フィルの演奏。アインザッツから、これは凄いぞ!と思わせます。1970年の録音ですがウィーン・フィルの瑞々しい音楽が充溢しておりこの年代の録音としては不足はないと思います。

演奏の「質量」の充実ぶりが本盤の決め手です。フルトヴェングラーやクナッパーツブッシュ時代のように、指揮者とオケが音楽にのめり込んでいく行き方とは異なり、クール・ヘッドな、しかもノー・ミスが前提の演奏ながら、抜群の構築力を誇ります。ベームのこの手法はかってのベルリン・フィルとのブラームスの1番などとも共通し、テンポは一定、それを与件としてダイナミック・レンジは最大限にとります。弦と管のバランスも申し分なし。音に丹念な「入魂」を行うこともベーム流。3番は何故か大家の名演の少ないなか、この1枚は現状まで、おそらくベスト盤といえる出来だと思います。

ベームが実は周到に準備した演奏でしょうが、彼はこれ以降、この音源をオーバーヘッド(再録音)する必要がなかったと思います。そうした意味では会心の演奏と自己評価していたのではないでしょうか。ベームの代表的なメモリアルであるとともに3番でベームが築いた金字塔とでも言える名演です。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC-%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B001RVITSG/ref=sr_1_14?s=music&ie=UTF8&qid=1411230365&sr=1-14&keywords=bohm+bruckner

ベームの4番は、その求心力ある演奏によって、この曲のスタンダード盤とでもいって良いものです。テンポのコントロールが一定でどっしりとした安定感がある演奏です。
ベームはその著『回想のロンド』になかで、「ブルックナーのように孤独で独特な存在に対して、オーケストラ全体が目標を決めていることこそ決定的なことなのだ。もしも壇上のわれわれみなが納得してさえいれば、われわれは聴衆をも納得させずにはおかない」旨を語り、特にウィーン・フィルとの関係では、この点を強調しています。
ブルックナーにおいて3番、7番、8番とも、ウィーン・フィルとのコンビではこうした強固な意志を感じさせます。同国オーストリア人の気概をもっての魂魄の名演と言えるでしょう。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC7%E7%95%AA-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B00KBAT3AW/ref=sr_1_2?s=music&ie=UTF8&qid=1411230365&sr=1-2&keywords=bohm+bruckner

べーム/ウィーン・フィルによる1976年9月のスタジオ録音。ベームはいつもながらけっしてテンポを崩さない。安定したテンポこそベームの確たる基本線である。音に重畳的な厚みがある。しかもそれは、一曲におけるどの部分を切り取っても均一性をもっている。オーケストラは十分な質量を出すが、演奏にエモーショナルな感じがしない。制御された質量感と背後に「冷静」さが滲む。そのうえで、弦楽器のパートにおいては音の「明燦」と「陰影」のつけ方が絶妙で、「冷静」でありながらその表情は豊かである。管楽器はおそらく常ならぬ緊張感をもって完璧な音を吹奏し、それは情熱的というより最高度の職人芸を要求されているように感じる。
厳格なテンポを維持することは、オーケストラにとって至難である。これが、ベームの「隠された技法」ではないかと思う。あたかもメトロノームが内在されているかのように整然と演奏する、そこに並々ならぬ指揮者の統率力を感じさせる。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC8%E7%95%AA-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B0073Y12B2/ref=sr_1_7?s=music&ie=UTF8&qid=1411230365&sr=1-7&keywords=bohm+bruckner

ベームのブルックナー交響曲第8番、終楽章。これは実に見事な演奏である。ブルックナーは当初、この交響曲を自信をもって書いた。しかし、ブルックナーを取り巻くシンパはこの作品について厳しい評価をした。7番は成功した。そのわかりやすさ、ボリューム感からみると、8番は晦渋であり、なんとも長い。ブルックナー使徒達は、8番での評価の低下を懼れて、いろいろとブルックナーに意見をした。ブルックナーは深刻に悩み自殺も考えたと言われる。悩みは続き、9番が未完に終わったのも、この桎梏からブルックナー自身が脱けられなかったからかも知れない。

さて、ベームの演奏が見事なのは、ブルックナーの当初の「自信」に共感し、それを最大限、表現しようとしているからではないかと感じる。もちろん8番の名演はベームに限らない。クナッパーツブッシュ、フルトヴェングラー、シューリヒト、クレンペラー、ヨッフム、チェリビダッケ、ヴァント、初期のカラヤンなど大家の名演が目白押しであり、どれが最も優れているかといった設問自体がナンセンスとすら思う。皆、このブルックナー最後の第4楽章に重要な意味を見いだし、魂魄の演奏をぶつけてきており火花が散るような割拠ぶりである。
ベームの演奏は、そうしたなかにあってベームらしい「オーソドックス」さが売りかも知れない。テンポは一定、ダイナミズムの振幅は大きくとり、重厚かつノーミスの緻密さを誇る。しかし、それゆえに、「素材」の良さをもっとも素直に表出しているように思う。飽きがこない、何度も聴きたくなるしっかりとした構築力ある演奏。

 

http://www.amazon.co.jp/Bohm-Conducts-Symphony-4-Romatic/dp/B000056PFT/ref=sr_1_34?s=music&ie=UTF8&qid=1411230851&sr=1-34&keywords=bohm+bruckner

1936年の録音。当時、ベームは40才、ドレスデン(ザクセン)国立歌劇場の総監督であり本盤はその時代の成果のひとつ。録音の古さは致し方なく、はじめの印象は蚊のなくようなレベル。しかし、演奏そのものに集中するとなかなか味のある佳演であることがわかる。基本的には Symphony 4 と同じくテンポの安定した荘厳な装いと良く制御されたオーケストラの緊張感ある臨場を看取できる。ブルックナー&ベーム・ファン向けには楽しめるが、一般には1973年11月収録のウィーン・フィル盤を。
→ 廉価入手も可能 Anton Bruckner: Symphony No. 4 in E-Flat Major

 

http://www.amazon.co.jp/Bruckner-Symphony-No-7-Vienna-Po/dp/B00005Y44V/ref=sr_1_37?s=music&ie=UTF8&qid=1411230851&sr=1-37&keywords=bohm+bruckner

ベームには1976年9月、ウィーン・フィルとの名演(一般にはこれで十分) Conducts Bruckner-Sym 7があるが、本盤は1943年の古い録音。しかしこの時代としては意外にも結構良い音が採れておりその内容を知るうえでさほど問題はないだろう。

立派な演奏である。1976年盤ほど冷静かつテンポの厳格さにこだわらず、熱っぽさも大胆なドライブ感もあり、ウィーン・フィルを存分に集中させ、透明なるも芳醇なサウンドを十全に引き出し(特に第2、3楽章)、かつベームの信ずるブルックナー音楽を構造的に描ききっている。聴き終わってやはりベームは只者ではないとの印象をもつだろう。ベーム・ファン向けの1枚。

→ Wiener Philarmoniker 10 CD-Set で廉価入手可能

 

http://www.amazon.co.jp/Symphonies-No-4-A-Bruckner/dp/B006H3IMO0/ref=sr_1_8?s=music&ie=UTF8&qid=1411231415&sr=1-8&keywords=bohm+bruckner

ベームのブルックナーはウィーン・フィルとのコンビで、正規録音として3,4,7,8番、ライヴでもバイエルン放送響盤など聴くことができる。以下はいずれも1936年の録音。当時、ベームは40才、ドレスデン(ザクセン)国立歌劇場の総監督であり本盤はその時代の成果のひとつ。録音の古さは致し方なくはじめの印象は蚊のなくようなレベル。しかし、演奏そのものに集中するとなかなか味のある佳演であることがわかる。

4番については、1973年11月収録のウィーン・フィル盤 Symphony 4 と同じくテンポの安定した荘厳な装いと良く制御されたオーケストラの緊張感ある臨場を看取できる。
5番について、後年の演奏や他番にくらべると、第2、3楽章などでテンポをやや可変的にとり、厳しいオーケストラ統制を緩めていると感じる部分もあるが、基本はかわらず全体構成はいかにもべームらしく堅固。かつ弦と管のバランスがよく強奏でも乱れはない。終楽章も充実しており、1970年代前後のライヴ盤があれば是非良い録音で聴いてみたいと思うだろう。
両番とも演奏は立派だが、録音の古さからブルックナー&ベーム・ファン向けの歴史的音源。

広告
カテゴリー: 名指揮者 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中