ブルックナー 隠れた名盤 交響曲第4番

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC4%E7%95%AA-%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A8%E3%83%AB/dp/B0007WZXG2/ref=cm_rdp_product_img

クーベリックは、ブルックナーの「泰斗」ヨッフムの跡目をついで、このオケの特質にさらに磨きをかけてきたと言えるだろう。彼は、1961〜1979年の永き期間にわたってこのオーケストラを指揮したが、スラヴ系作曲家、ハルトマンなど20世紀の作曲家に加えて、ブルックナーやマーラーも得意の演目だった。

音楽の自然の流れを重視しそこに熱い思いを注ぎ込むクーベリックの演奏スタイルは、時にフルトヴェングラーやテンシュテットの演奏を連想させる。その一方、オーケストラの自発的な動きを尊重し最大限その良さを引き出し、さらにそこに彼独自の哀感や熱情といった表現力を見事に内在させていくことで、聴き終わるとやはりそこには「クーベリック流」としか言いようのない良き個性を感じる。4番は名演が多いがクーベリック盤はこの価格帯では3番とともに推奨に値する。3番の「駿足さ」と4番の遅めの熟成のコントラストも実に興味深い。

 

広告
カテゴリー: 好きな演奏 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中