ブルックナー ウィーン・フィルで聴く 交響曲第6番

ブルックナー:交響曲第6番 イ

【以下はHMVからの引用】

ブルックナー:交響曲第6番
シュタイン指揮ウィーン・フィル

長年に渡ってこの作品の定番とされてきた優れた演奏&録音。隙なく緊密に構成された骨格とウィーン・フィルの豊かなサウンドが合致した見事な演奏で、どこをとっても文句なしのできばえ。

・ブルックナー:交響曲第6番イ長調[ノーヴァク版]
・ウェーバー:歌劇『聖霊の王者』序曲
・ウェーバー:歌劇『アブ・ハッサン』序曲

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ホルスト・シュタイン(指揮)

1972年11月ステレオ録音(ブルックナー)
1977年10月ステレオ録音(ウェーバー)

広告
カテゴリー: 魅力の源泉 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中