ブルックナー:交響曲第7番  シューリヒト

ブルックナー:交響曲第7番

http://www.amazon.co.jp/dp/B00S09VAHU/ref=pdp_new_dp_review

1960〜70年代ですが「コンサートホール・ソサエティ」といったレコードの頒布会があり、ブルックナーのレコードが少なかった時代に手に入れて聴いたことを懐かしく思い出します。このシリーズのなかでも目玉商品的な位置づけで、いまでもLPを大切に保存しています。ハーグ・フィルといったあまり知名度のないオケで、今日、高度な演奏に聴き慣れたリスナーには物足りないかも知れませんが、シューリヒトとの相性は大変良く、もっともシューリヒトらしい飾り気ない、しかし軽妙な弦の響きや要所要所での管楽器の巧い使い方を聴くことができます。外連味のない自然体の構えの神妙なる演奏でウィーン・フィルほかとの各種の録音がでる前に、シューリヒトの名を日本で高らしめた歴史的な名盤です。

広告
カテゴリー: 名指揮者 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中