マタチッチ 交響曲第8番 1984年東京ライヴ映像

NHKクラシカル マタチッチ指揮 1984年 NHK交響楽団 ブルックナー 交響曲8番 [DVD]

NHKクラシカル マタチッチ指揮 1984年 NHK交響楽団 ブルックナー 交響曲8番 [DVD]

2019年3月17日、NHK Eテレ/クラシック音楽館「N響 伝説の名演奏」でこの演奏が放映され久しぶりに見た。1984年3月7日 NHKホール収録だが、リマスターで映像はかなり鮮明である。マタチッチはカメラワークをおそらく一切意識していない。大汗かきで、しょっちゅうハンカチを顔にあてる。指揮棒は使わずにほぼ右手だけでリズムをとる。興がのると両手が連動し相貌の表情が豊かになる。指揮の動きは小さく強奏でもそれは変わらない。ブルックナー休止も指揮はとめない。わずかに眼光の鋭さや半開きの口によって表現を感じとれる。ふと、立派な耳と鼻から写楽の役者絵を連想する。

 

さて、74分余のその演奏の特徴は。まずもって驚かされるのはN響の緊張感あふれる応対で、第1楽章から管楽器も実力を思いっきり発揮すべく、奮戦の気構えで臨場している様が伝わってくる。

マタチッチの音楽づくりは、いつもどおり隈取りくっきり、リズムも小刻み、よく切れる包丁でザクザクと刃をいれていく印象ながら、その切り口はけっして大雑把ではない。否、細部に神経の行き届いた、それでいて生き生きとした溌剌さを失わせない統率力こそ持ち味だろう。頑固な名シェフといった趣である。N響はゲネプロまで徹底的にしごかれたことであろう。

演奏へ没入しているからか、ハイテンションの気迫が最後まで衰えない。むしろ楽章がすすむほど熱気が籠もってくる感じで、こういう実演に居合わせたら、聴衆は徐々に「金縛り」の状況になっても不思議はない。

全般にテンポは早く、第3楽章も一気に駆け抜ける爽快感があり、そのため弦、木管の叙情性あふれる表情は抑えられているように感じる。マタチッチの代表盤であるとともにブルックナー演奏の激戦区8番にあって、いまでも独自の存在感がある。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中